ヤマシタトモコ「ミラーボール・フラッシング・マジック」 刊行記念インタビュー!

(※この記事は2011年4月に公開されたものです。)
株式会社シュークリーム(マンガ編集プロダクション) 2022.12.13
誰でも

ヤマシタトモコ先生の最新刊「ミラーボール・フラッシング・マジック」が絶賛発売中!

そこで、ヤマシタ先生へインタビューを行いました♡

その他、全国の書店さんチェーンでPOPを展開中!

お近くのお店にてお楽しみ下さい!

【ミラーボール・フラッシング・マジックについて】

編集部(以下編):インタビュー、よろしくお願いいたします!この単行本は、2008年からお描きになった短編を集めたものですが、振り返ってみて、いかがでしたか?

ヤマシタトモコ(以下ヤマシタ):3年前というのが恥ずかしさと愛着と割り切りが微妙な期間で、久々に読み返して「ギャッ」となった作品もありますが…読みきり作品の収録順を決める作業は好きなので楽しかったです。

編:標題作「ミラーボール・フラッシング・マジック」は一瞬のできごとを描く構成で、難しさなどはありましたか?

ヤマシタ:ひとつのお題やキーアイテムを軸に短いページで描く大喜利的な作り方は昔からよくやっていてとても好きなやり方で、非常に楽しく描きました!

編:近作の読み切りは〝毛〟〝おっぱい〟〝中学生に口説かれる〟〝セックスレスにキレる〟など、強烈なテーマもいくつかありましたが、意識して選んでらっしゃるものですか?それとも自然に?

ヤマシタ:萌えがとつぜん…とつぜんやってくるので…

編:ミラーボールが飛んで来るように、ヤマシタさんに萌えがやってくる図を想像しました(笑)。特に思い入れのある作品があれば教えてください。

ヤマシタ:おっぱいが、なんだかとても思い入れのある大切な話になりました。理由は自分でもよくわからないのですが、描きたかったものを描けたのかも知れません。

編:描き下ろし3編のうち、「いつかあなたの不思議のおっぱい」についての描き下ろしでは、数年後の彼らが描かれていました。先生の中で本編のラストをお描きになった時から、 あの未来は見えてらっしゃったんですか?

ヤマシタ:本当はもっときわどく薄暗く淫行になる予定だったのですが……。萌えの主張は控えてせっかくの描き下ろしは明るく、と少々方向転換しました。

編:気に入っている扉イラストがあれば教えてください。

ヤマシタ:気に入ってるのとは違うのですが、『うつくしい森』トビラを描くにあたって、大学受験のときから使っていなかったカラスグチをひっぱりだしてきて、まあやっぱりうまく使えなかったです。失敗はしていませんよ!うまく使えなかっただけで!

編:そう言われると凝視してしまうじゃないですか。さて、新連載「ひばりの朝」は、14歳の中学生の少女が印象的でした。フィールヤングの連載は3作目になりますが、「Love,Hate,Love.」の頃と何か違うことはありますか?

ヤマシタ:そのとき描きたいものや、描く順番がまわってきたものをそのつど描いているのであまり違いはありませんが…あいかわらず巨乳の描き方がよくわかりません。

【漫画家生活のこと】

編:今年、お仕事場を引っ越された先生ですが、是非お仕事場のお写真を見せてください。お仕事机は、かなりの熱意を持ったものとのことですが。

仕事場全容。ワンルームです。築年数がものっすごく古くて床がミシミシいいます。
仕事場全容。ワンルームです。築年数がものっすごく古くて床がミシミシいいます。
送られてきた雑誌などを入れる棚。カラスとステゴザウルスがいます。
送られてきた雑誌などを入れる棚。カラスとステゴザウルスがいます。
机。オーダーで作ってしまいました…!一生モノ! 働くのがかなり楽になりました!
机。オーダーで作ってしまいました…!一生モノ! 働くのがかなり楽になりました!

ヤマシタ:加えて、この部屋には備え付けで事務ロッカーもあるので、なんということでしょう、あんなに散らかっていたスクリーントーンが匠の手も借りずにすっかり片付いて…。

編:この机、作家さんがご覧になると、「なんて漫画の作業がしやすくできているんだ!」と  感嘆の声を上げますよね。

冷蔵庫にはいろいろ好きなものや雑誌付録についていたかわいいシールなどを。中央下部のサイババは今年のサイン会でなぜかいただいたものです。
冷蔵庫にはいろいろ好きなものや雑誌付録についていたかわいいシールなどを。中央下部のサイババは今年のサイン会でなぜかいただいたものです。
じゅうたんです。イランのギャッベじゅうたん。友人らが遊びに来た際、この絵柄を完全再現した写真もあるのですが、さすがにプライベートショットなので掲載は控えます。
じゅうたんです。イランのギャッベじゅうたん。友人らが遊びに来た際、この絵柄を完全再現した写真もあるのですが、さすがにプライベートショットなので掲載は控えます。
指型のフックです。かわいい。予想し得た結果ではありますが、まわりの評判は良くありません。
指型のフックです。かわいい。予想し得た結果ではありますが、まわりの評判は良くありません。

編:お仕事場以外のところでやる場所は、どんなところがお好きですか?

ヤマシタ:もっぱら珈琲館とルノアールです。いかがわしい漫画を描いていても大丈夫な空間だからです。

編:全国の珈琲館さんルノアールさん、すいません。ところで、最近のマイブームはなんですか?

ヤマシタ:前の仕事場はベランダがなかったのですが、今度はちょっと広いベランダがあるので園芸欲がまたふつふつと…昼ビールできるすてきなベランダにしたいななどと…園芸はやりはじめると楽しさと後悔が同時にくるので考え物です。

編:最後に読者のみなさんへメッセージをお願いします。

ヤマシタ:この単行本が出て1ヵ月後、30歳になります!相変わらず地に足つかなくってどうしよう!!素敵なメンズのつかまえかたを募集しております。

編:ご回答ありがとうございました!素敵なお誕生日を迎えられるとイイですね!

(取材:2011年4月某日)

/ / / 最新情報 / / /

『違国日記』⑨

人見知りの小説家と姉の遺児(高2)がおくる、年の差同居譚

朝が叔母・槙生と暮らして1年とすこし。ここ最近、小説家の槙生はスランプ中。ボーッとしていて原稿は進んでいない様子だ。才能はないと苦しみつつ、書くことはやめない槙生に朝は「やめる人とやめない人の違いってなに?」と尋ねた。これといった才能はないと気づきつつある朝に、槙生が答えたのはーーー。

宝石の持ち主じゃなくても。自分の明日を選べる第9巻!

「FEEL YOUNG / on BLUE スペシャル記事」をメールで読みませんか?

無料で「FEEL YOUNG / on BLUE スペシャル記事」をメールでお届けします。
コンテンツを見逃さず、購読者限定記事も受け取れます。
ねむ×ヤマシタ対談 こぼれ話2【漫画の中のごはん&気分転換とスケジュー...
誰でも
ねむ×ヤマシタ対談 こぼれ話1【こんな風に生まれる『ボンクラ』と『違国...
誰でも
W新作誕生記念!ねむようこ×ヤマシタトモコ仲良し対談
誰でも
マキヒロチ初の作品集!『サヨナラフラグ』作品ガイド
誰でも
漫画の中に「解放される瞬間」がある。原稿用紙が俺たちのフィールド|ヤマ...
誰でも
━━漫画家にならなかったら何になっていた?「のたれ死にか、小説」「旅人...
誰でも
〜創作談義〜創作歴は「物心付いたときから」、カラーの塗りは「今でも(2...
誰でも
「強い女の子が大好き」「そう、大っ好き」━━萌えの原点を探る|ヤマシタ...
誰でも