《フィーヤン30周年記念》安野モヨコ×新旧担当スペシャル座談会!④

(※この記事は2021年7月に公開されたものです。)
株式会社シュークリーム(マンガ編集プロダクション) 2022.10.04
誰でも

30周年を迎えたFEEL YOUNGと、画業30周年を迎えた安野モヨコさん。1995年に連載を開始した『ハッピー・マニア』から現在連載中の『後ハッピーマニア』まで、新旧担当をまじえながら当時から今までの作品のこと、FEEL YOUNGのことを赤裸々に振り返ってもらいました。

《『FEEL YOUNG』2021年8月号掲載分を4回に分けて公開致します》

***

安野モヨコ Moyoco Anno

高校在学時に『まったくイカしたやつらだぜ!』でデビュー。主な作品に『ハッピー・マニア』『働きマン』『さくらん』『シュガシュガルーン』などの作品がある。『鼻下長紳士回顧録』で第23回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。現在、小誌で『後ハッピーマニア』、「I’m home.」でエッセイ『ふしん道楽』を連載中。

***

吉田朗 Rou Yoshida

元「FEEL YOUNG」編集者(現在は引退)。『ハッピー・マニア』を立ち上げたかつての担当。

***

小林愛 Ai Kobayashi

「FEEL YOUNG」編集者。『後ハッピーマニア』を立ち上げた現担当。

***

安野さんが描いているならフィール・ヤングで描きたい、と(小林)

――吉田さんは安野さんの作家としての変化をどんなふうに見ていらっしゃいますか。

吉田 うーん、仕事をご一緒して数年目くらいから既に「大物感」があったというか、最初から射程が違う感じでした。物事を広く見ていたし、マンガ家としてずっと先まで見据えて描いていたように思います。

――小林さんから見た安野さんはいかがですか?

小林 私は本格的にお仕事をさせていただくようになったのは『後ハピ』からなんですが、読者として作品を読んでいた頃も、仕事をしてみてからも、とにかくパワーが衰えない方だなと思うんですよね。最初の頃に描いた作品から30年以上経っているはずなのに、ずっとマンガが元気というか、勢いが落ちない。

吉田 常に描きたいテーマがいっぱいある感じだもんね。

小林 そうなんですよね。ただ『鼻下長紳士回顧録』は、きっと若い時には描けなかったのではないかというか、あの時期の安野さんにしか描けない、いろいろな経験があっての物語だったのだろうなと思います。私は特に『鼻下長』が大好きで……。

――5年以上の休筆を経ての、『鼻下長紳士回顧録』連載でした。久しぶりにフィール・ヤングで描いてみて、どんな感覚でしたか?

安野 最初の頃は、掲載誌を送ってもらってもほかのマンガをちゃんと読めなかったんです。マンガの雑誌って、特に紙で見ると、ページの間からその作家の「気」みたいなものが出ているんですよ。若くて元気な人、ポテンシャルが高い人の気が出ていて……そこにスライムみたいな自分が入って大丈夫かな?と(笑)。自分のマンガが異質だなと思っていましたね。休筆していた時は、どのマンガ雑誌にも自分は入っていけない、と思っていたんですが、一番長く連載していたフィール・ヤングなら置いてもらえるかも……という気持ちでお願いしました。

小林 編集部としては、いろいろなところで描かれていた安野さんが「フィール・ヤングで描きたい」と言ってくださったのはすごく名誉だなと思いました。連載している作家さんの中にも、安野さんが戻ってきてくれることをものすごく喜んだ方がたくさんいたんですよ。今も、安野さんが描いているならフィール・ヤングで描きたいと言ってくださる方もいる。やっぱり安野さんと一緒に載るというのは特別なことなんだなと感じますね。

――安野さんは今のフィール・ヤングは読まれていますか?

安野 読んでます。全部おもしろいです!ただすごく正直なところを言うと、やっぱり「世代が違う」という感じはあって。長く連載を続けていた頃はほかのメンバーも同じだったので、フィール・ヤングに馴染んでいる気分だったんですけど、しばらく休んでいる間にクラス替えがあったんだ……みたいな。

吉田 わかる、わかる!

安野 校舎も改装された?私、ここに座っていいの?と(笑)。

小林 当時は、共に闘う仲間たち、みたいな感じだったのが、今は完全に「先輩」って言われる側になってしまった感じですかね。

吉田 今の作家さんたちからは、作風は違うけど尊敬している作家、っていう感じで安野さんの名前が出るよね。

小林 安野さんの作品を読んでマンガを描き始めた世代の方たちも多い。だから安野さんが読んだと言っていたよ、という感想をお伝えすると「こんな日がくるとは……」とみなさん泣いて喜んでいらして。

安野 そんな……大げさ過ぎるよ!

いつもその時代の最先端にいる人が描いている雑誌(安野)

――今のフィール・ヤングを、どんな雑誌だと感じますか?

安野 ほんとにすごいなと思うのは、いつもその時代の最先端にいる人が描いているんですよね。なぜなんだろう?吉田さんはそういうことをまったく狙わずにやっていたはずだし。

吉田 狙ってはいない(笑)。

安野 当時は、自由にやらせてくれるから「荒くれ者」たちが次々来てしまったというのはあるんだろうけど(笑)、今は編集さんもしっかりしているのに、なぜだろう?と思いますね。

小林 私たちは、安野さんや歴代の作家さんたちが描いてくださっていた時代のフィール・ヤングに憧れがあるんですよ。「ああいう存在のフィール・ヤングを作る」、という矜持はみんなにあると思います。きっと描いてくださっている作家さんたちにも、少なからずそれはあると思うんですよ。

安野 すごい。そんなふうに思ってくれているんだ……。あ、今話していて思い出したんだけど、岡崎さんが「私たちは傭兵部隊だから」って言っていたんですよ。確かになんかこう、みんな膝を立てて座って、そこにライフルを立てかけて煙草を吸いながら「何か用か?」みたいな感じだった(笑)。なので、憧れてもらえるのはうれしいんですけど……わりと不遇な人が集まってくる場所だったのかなと(笑)。

――「傭兵」ですか。

安野 どこかで戦いがあると呼ばれれば、雇われ兵士としてすぐに戦いまっせ!みたいな。そういう人たちがフィール・ヤングを主戦場にしていた。

――どこでも戦える人たちが、主戦場にフィール・ヤングを選んだのはなぜでしょう。

安野 やっぱり、めちゃくちゃ自由だからですよね。傭兵としては「ある程度の結果は出す。その代わり、何か言われるのは御免だよ!」みたいな感じがあって(笑)。フィール・ヤングでは、それができた。

吉田 最後に決めるのは作家だから……作家のものだからね、作品は。

――才能のある作家が、それぞれ自由に描き続けていくと、雑誌が最先端のものになっていくんですね。

小林 好きな作家さんに、ただ好きなものを自由に描いてくださいと言えていたのは、色んな意味ですごいですね……。

吉田 その時はそうだったね。あまり考えてなかったからできたのかなあ。

安野 そうだと思う(笑)。

――小林さんたちは今、どういうことを気にかけてフィール・ヤングを作っていらっしゃいますか?

小林 ジェンダー的な価値観とか、人生や性にまつわる感情など、女の人たちの今の生の感覚をできるだけ飾らずに発信したい、という気持ちが強いかなと思います。そういう気持ちで編集が作家さんに話をすると「実は描いてみたかったテーマがある」と言ってくださったりする。そんなに堅苦しくない空気で新しいものをみんなで作っていて、自由な感じは今も残っていると思います。

安野 こうやって話してくると、やっぱりフィール・ヤングっていう雑誌と自分との距離感も変わってきたし、担当さんとの関係性もかなり変わったなと思いますね。どっちがいいとか悪いとかじゃなくて、それぞれにすごく「その時代」っぽいなあと思う。

小林 そう思っていただけてありがたいです。

安野 傭兵だった時代は自由に描いて「原稿できたよ!」ってバーン!と担当さんに渡して、担当さんも「おつかれ!」って去って行くみたいな感じだったけど、今は担当さんと一緒に、読者の反応を見ながらていねいに進もうとしている。どっちもおもしろいなあと思います。

(インタビュー・文/門倉紫麻)

***

こちらの対談は『FEEL YOUNG』2021年8月号より転載しました。『後ハッピーマニア』最新話もお見逃しなく!

/ / / 新刊情報 / / /

『後ハッピーマニア』③

片想い浮気が暴走するタカハシ、まさかの…?

届けッ!タカハシの想い…!!!

ついにタカハシから離婚届を受け取ってしまった!

「これでいいの? 本当に???」

しかしそんな思いを置き去りに、日々は怒涛のように過ぎてゆく!!探偵社でピンチヒッター(仮バイト)をしつつフクちゃんの会社にパクリ攻撃をしかけた寿子のことを調べようとするカヨコ。そんな中で新たな男たちとの出会い(?)もあったが、全てがカモられたように思えてしまい…。

一方、タカハシは失踪した詩織と再会し恋人岬にまっしぐら~~~!?(???)

愛とは、結婚とは、なんたるや…?混迷極まる第3巻!!!!!


\このマンガがすごい!2021オンナ編(宝島社)第2位!!!!/

「FEEL YOUNG / on BLUE スペシャル記事」をメールで読みませんか?

無料で「FEEL YOUNG / on BLUE スペシャル記事」をメールでお届けします。
コンテンツを見逃さず、購読者限定記事も受け取れます。
━━漫画家にならなかったら何になっていた?「のたれ死にか、小説」「旅人...
誰でも
〜創作談義〜創作歴は「物心付いたときから」、カラーの塗りは「今でも(2...
誰でも
「強い女の子が大好き」「そう、大っ好き」━━萌えの原点を探る|ヤマシタ...
誰でも
【祝☆実写映画化!】町麻衣「アヤメくんののんびり肉食日誌」6巻発売記念...
誰でも
町麻衣「アヤメくんののんびり肉食日誌」5巻発売記念インタビュー!
誰でも
町麻衣「アヤメくんののんびり肉食日誌」4巻発売記念インタビュー!
誰でも
町麻衣「アヤメくんののんびり肉食日誌」3巻発売記念インタビュー!
誰でも
町麻衣「アヤメくんののんびり肉食日誌」2巻発売記念インタビュー!
誰でも