『ジーンブライド』1巻発売記念!
高野ひと深×ヤマシタトモコ
スペシャル対談②「依知や蒔人に高野さんを感じる」

高野ひと深さんの最新作『ジーンブライド』の船出に「一緒に戦おう。」という力強い言葉を推薦文として寄せてくださったヤマシタトモコさん。友人同士であり、作品内でフェミニズムを描く作家同士のお二人に、本作についてじっくり語っていただきました!全3回中の第2回をお送りいたします。
株式会社シュークリーム(マンガ編集プロダクション) 2021.11.10
誰でも
《『FEEL YOUNG』2021年12月号掲載分を3回に分けて公開致します》(取材・文=山本文子)
《『FEEL YOUNG』2021年12月号掲載分を3回に分けて公開致します》(取材・文=山本文子)

高野ひと深 Hitomi Takano

2015年デビュー。美しく繊細な絵柄で名前のつかない関係性を描いた『私の少年』が瞬く間に話題になり「このマンガがすごい! 2017オトコ編」にて第2位、「俺マン2016」第1位、「第3回次にくるマンガ大賞」第3位など多数選出。著作に『私の少年』全9巻、『「す」のつく言葉で言ってくれ』、『つらなるステラ』。

***

ヤマシタトモコ Tomoko Yamashita

2005年デビュー。2010年「このマンガがすごい! 2011オンナ編」で『HER』が第1位に、『ドントクライ、ガール』が第2位に選出される。『さんかく窓の外側は夜』が実写映画化&TVアニメ化。小誌連載中の『違国日記』は「マンガ大賞2019」で第4位ランクインほか、「第7回ブクログ大賞」のマンガ部門大賞を受賞。

***

依知や蒔人に高野さんを感じる(ヤマシタ)

――物語の骨子を作ったあと、キャラクターの肉付けはどのように進めたのですか?

高野 依知さんは実は2巻でも出てくるかどうか怪しいちょっと特殊な設定があることもあってなかなか憑依しづらいタイプのキャラなので、先に正木蒔人くんのことを考えていったんです。ヤマシタさんの『違国日記』でさまざまな男性キャラがメインの回(編注:7巻収録page.32)を読んだときに、性別に関係なく誰しも弱くていいんだと強く思って、それで蒔人くんは依知さんのことを助けないし、徹底的に役に立たない、頼りにならないというキャラにしようと何よりも早く決まりました。

©ヤマシタトモコ/祥伝社フィールコミックス
©ヤマシタトモコ/祥伝社フィールコミックス

ヤマシタ 役に立たないっていいね(笑)。

高野 役割はいらないのだと思って(笑)。依知さんに手を差し伸べるような存在じゃなくていいと思っていました。蒔人くんをカッコ悪い人間にしようと思ったので、参考にしようと自分の周りにいるカッコ悪い人を探してみたら、自分くらいしかいなかったんですよ。それで、計画が少し狂っただけでめちゃくちゃパニックになるとか、蒔人くんに私が日々の中でちょっと困っていることをいろいろ積んでいって、そういうカッコいいとは言えない、ちょっと普通と違う蒔人くんの言動に対して、依知さんはどうリアクションをするのかなと考えることで、1話ができあがっていきました。そうしたら、まるで私と思っていた蒔人くんに対して、様子がおかしいという感想を寄せられて、そうか…普段の私の様子はおかしいんだなと。

©高野ひと深/祥伝社フィールコミックス
©高野ひと深/祥伝社フィールコミックス

ヤマシタ 言わないでおこうと思っていたけれど、蒔人くんは高野さんみたいだなって思っていたよ(笑)。

高野 うそー! 友達には見せてないはずなのに…(笑)。

ヤマシタ 蒔人くんだけじゃなくて、依知さんにも別の高野さんを感じる。高野さんの特性と経験から2人のキャラクターができていると思ったので、SF的な広がりを見せる物語の今後の展開も楽しみだし、同時に高野さんのすごく個人的な物語でもあるんだということにもものすごく面白味を感じるんですよ。蒔人くんの引き出しに物をしまうやり方とか、高野さん、実際にやってるんじゃないかなと思ったもん。

高野 ハサミはやろうとした(笑)。

©高野ひと深/祥伝社フィールコミックス
©高野ひと深/祥伝社フィールコミックス

――蒔人くんを頼りにならないキャラにというのは、エンタメ作品によくあるヒロインを常に助けてくれるヒーロー的役割の負荷を彼にかけないという意図もありました?

高野 私自身、ヒロインの窮地を救ってくれるヒーロー的ポジションの存在にときめいたりもするのですが、物語のただのパターン的な流れだけで自分が描く漫画の中でキャラにそうさせるのは、一種の圧なのかなと思ったんです。そういうロマンス的なものを否定したいわけじゃなくて、「こういうもの」と決めつけて望まれるのに居心地の悪さを感じているんだから、メインで登場する男性キャラに女性の主人公を助けるべきとか、頼りになるべきとか定型のように望むのはやめようという気持ちはありました。漫画だとか小説だとかドラマやテレビのバラエティ番組だとか、そういうエンタメの中で繰り返し同じ価値観や固定化した役割を提示していると、その選択肢しか無いんだって刷り込まれちゃうと思うんです。小さな違和感があっても多数に飲み込まれて、そういうものなのかなって麻痺していってしまう気がして。そういう中で、ロールモデルじゃないですけど、違うパターンもあるよ、あっていいんだよと見せたい。あとは、ガッチガチに凝り固まった固定観念のある人にも届けばいい…!とも思っていますが、うーん…難しい…。

ヤマシタ わかる。残念だけど届きにくいよね。

高野 今すぐガッと世界を転換させたいわけでもないし、そういう人に性格やポリシーとか変えろって言うんじゃなくて、なんかちょっとその人の目の前の世界が広がるといいなって。少し広がった人が1人、2人と増えていったらいいのになあって思っています。

――ヤマシタさんは『ジーンブライド』のように鬨の声を上げていると感じた作品に出会ったとき、自分の創作欲も刺激されたりするのですか?

ヤマシタ そういう意味では描き手としてよりは読み手として、“私たち”に向けられたこの物語を別の待っている誰かに伝えたいという嬉しさみたいなほうが強かったかもしれません。この物語を通して、それぞれの持ち場で連帯することができるんじゃないかなっていう期待もあって、「ヘイ、シスター!」って呼びかけたくなるというか(笑)。我も描くぞ、というよりは、我も馳せ参じますぞって感じ。

高野 (笑)

その③に続きます。次回2021/11/12(金)更新!

 ⋱ ⋱  絶 賛 発 売 中 !! 一 緒 に 戦 お う 。⋰ ⋰

「FEEL YOUNG / on BLUE スペシャル記事」をメールで読みませんか?

無料で「FEEL YOUNG / on BLUE スペシャル記事」をメールでお届けします。
コンテンツを見逃さず、購読者限定記事も受け取れます。
━━漫画家にならなかったら何になっていた?「のたれ死にか、小説」「旅人...
誰でも
〜創作談義〜創作歴は「物心付いたときから」、カラーの塗りは「今でも(2...
誰でも
「強い女の子が大好き」「そう、大っ好き」━━萌えの原点を探る|ヤマシタ...
誰でも
【祝☆実写映画化!】町麻衣「アヤメくんののんびり肉食日誌」6巻発売記念...
誰でも
町麻衣「アヤメくんののんびり肉食日誌」5巻発売記念インタビュー!
誰でも
町麻衣「アヤメくんののんびり肉食日誌」4巻発売記念インタビュー!
誰でも
町麻衣「アヤメくんののんびり肉食日誌」3巻発売記念インタビュー!
誰でも
町麻衣「アヤメくんののんびり肉食日誌」2巻発売記念インタビュー!
誰でも