特別《向井》対談!ねむようこ×パンサー向井慧①「若林ロス」の正体

(※この記事は2021年2月に公開されたものです。)
株式会社シュークリーム(マンガ編集プロダクション) 2022.08.16
誰でも

ねむようこ先生の最新シリーズ『こっち向いてよ向井くん』①の発売を記念して、お笑い芸人・パンサー向井さんのラジオ番組を愛聴するねむさんと、マンガ『こっち向いてよ向井くん』の主人公と同じお名前&年齢の向井さんの対談が実現!

『FEEL YOUNG』2021年3月号掲載分を4回に分けて公開致します。初回は向井さんの中の「結婚」についてお聞きします!

***

ねむようこ

1980年生、岐阜県出身、愛知県名古屋市在住。2004年『FEEL YOUNG』にてデビュー。

初連載作『午前3時の無法地帯』がヒットし、2013年に実写ドラマ化。近刊に『ボンクラボンボンハウス』、『君に会えたら何て言おう』など。

現在『こっち向いてよ向井くん』(以上、すべて祥伝社)、『神客万来!』(芳文社)を連載中。

***

向井慧(むかい・さとし)

1985年生、愛知県名古屋市出身。お笑いトリオ・パンサーのツッコミ担当。

『有吉の壁』(日本テレビ)をはじめ多数のテレビ番組で活躍する他、自身が愛するラジオにて頭角を現し『#むかいの喋り方』(CBCラジオ)、『パンサー向井のチャリで30分』(ニッポン放送)など、現在4本のレギュラー番組を抱える。

***

「若林ロス」の正体

向井:実は、以前からねむさんがラジオを聴いてくださっていることは知っていました。ツイートしてくださってたんですよね?

ねむ:わあ、お耳に入っていましたか!私、本当にめっちゃ『#むかいの喋り方 (以下、むかしゃべ)』を聴いてまして…。特に、まだ放送時間が40分の時代(註・現在は2時間30分に拡大)、好きな方のお話を楽しそうにされていた時に、グッと人となりに寄れた感じがしたんです。その恋愛がうまく行かなくて沈痛にお話しされていた時も「30歳を過ぎた男性でも恋愛でこんなに浮き沈みするんだなあ、すごくいいな」と思いました。

向井:確かに、その時期が特に浮き沈みしてたと思います(笑)。

ねむ:さらにその後、オードリーの若林さんが結婚された時にすごく落ち込んでらして。そのお話を聴いた時に「こういうキャラのマンガを描きたい」と思ったんです。

向井:へえ〜!?(意外そうな声)

ねむ:だから、向井さんが『こっち向いてよ向井くん』の直接のモデルというわけではないのですが、あのエピソードからヒントを得て、お名前も拝借した次第です。

向井:これって俺の「向井」なんですか!?(笑)

ねむ:そうなんです。勝手にすみません…。今日は改めてそのご報告に伺いました。

向井:いやいやいや、嬉しいです!

ねむ:ありがとうございます!今回は「若林ロス」のお話を、作者としてもリスナーとしてもお聴きしたくて。「架空嫁ネタが聴けなくなるから寂しい」と仰ってましたが、私は他にもっと違う寂しさや動揺があるようにお見受けして、その正体が気になっていました。

向井:たぶん、いくつかありまして。若林さんの独身時代のお話は、お一人で過ごされてるのがベースにあって、自分も一人だからそこに安心して聴けてたというのがありますね。お一人でバスケしてる話とか聴けなくなるんだな、という寂しさと…。

ねむ:はい。

向井:もうひとつは、同期が結構結婚していることに、どこかでうっすら「あれ?俺ももっと早く結婚するつもりだったよな」と思ってたんですよね。「でもこの人たちもまだ結婚してないから大丈夫」という言い訳の鎧の大きな1枚が若林さんだったから、それがバリッて剥がされちゃって「危ない!生身出てる!」という怖さもありました。

ねむ:めっちゃわかります!女性はもうちょっと早く、20代後半くらいでそういう感覚に襲われていると思います。結構男女差がありますよね。

向井:男の方が、年齢的な実感が来るのが遅いんですかね。

「仕事のために」結婚したかった

ねむ:でも、最近はあまり結婚のお話をラジオでされませんよね。むかしゃべの最初の頃は、今より鬱鬱とした内容が多かったなと…。

向井:はい、まさにそうだと思います。

ねむ:今は『有吉の壁』とかですごく楽しそうにお仕事されてらっしゃるし、同世代芸人も盛り上がってる感じがどのメディアでもわかります。それに伴って、結婚のお話はされなくなったのかな、と。今の仕事と結婚のバランスは、どんな感じですか?

向井:もう、おっしゃるとおりです(笑)。非常に変なことを言うかもしれないんですけど、ちょうどその話をしていた1年半前頃は「仕事すらうまくいってない」と思ってました。「なりたい芸人とはかけ離れてんなあ」と。それでも、この世界でやっていくと決めたんだから、お笑いができないならこの先どんな道が自分にあるのかと思うと、情報番組やニュースができないと俺はこの世界で生きていけないだろうと考えてたんです。

ねむ:そうなんですね。

向井:でもそうなると「独身の30代半ばの男の意見なんて、はたして世間に響くのか?」という問題があって。やっぱり結婚して子育てを経験してないと説得力がないんじゃないかと、すごく不安になってた時期なんですよ。

ねむ:なるほど…。

向井:たぶん焦ってました、「結婚しなきゃ」って。たとえば、朝の情報番組をされてる加藤(浩次)さんや設楽(統)さんは、子育てを経た上で社会の問題点について実感を持って喋れるけど、俺は「そこ経験してないじゃん」と指摘されたら何も返せない。結婚願望は元々ありましたけど「自分がこの先仕事していく上で、結婚しなきゃいけないんじゃないか」という意識に駆られていたんですよね。

ねむ:「仕事をするために」の結婚なんですね。

向井:100%ではないんですけど、その意識はありました。でも、2020年は『有吉の壁』がゴールデンで始まって、お笑いの番組が増えてきて。全然まだまだなんですけど、「あれ、ちょっとだけ、なりたかった芸人っぽい仕事やれてる」となった時に「じゃあ無理しなくていいか」と思えました。結婚願望は今もまだあるんですけど、温度感は下がったというのが正直なところですね。

ねむ:めっちゃ興味深いです。すごく客観的にご自分を見てるんですね。

向井:仕事のために、言うなれば「ちゃんとした男性」になるために、結婚が必要だと思ってました。

ねむ:芸人さんだけじゃなくて、一般男性も「ちゃんとした男として見られるために結婚しなきゃいけない」みたいな意識がある気がします。逆に女性は、結婚してない自分の発言に意味がないとは思わないかも。

向井:この仕事をしてなかったら、そこまでは思わなかったかもしれないんですけど…。主観じゃなくて統計的に、結婚されて子供がいる方々の番組は続いてて、そうじゃない方の番組は終わってるなというのが見えていて。だから、俺自身の感想として説得力があるかないかは、特に思わないんですよね。

ねむ:おお、そんな目線で見たことなかったです!データとしてってことなんですね。

——向井さんにとって、朝の情報番組はやりたいお仕事だったんですか?

向井:そこがまた…。今現在で言えば、そこに特別興味はないんですよ。でもこの2020、21年で仕事に対する気持ちが変わってきて、またこの先も変わると思うので、難しいところですけどね。

②に続きます!

/ / / 新刊情報 / / /

2022年9月8日発売!

『こっち向いてよ向井くん』④

恋愛を諦めようとした矢先、未練の元カノと突然の再会…!

大波乱! 35歳オトコの恋愛まちがい探し

10年振りに彼女ができた!と喜んだのも束の間、結婚を急ぐ彼女と足並みを揃えられず、お別れしてしまった向井くん(35)。恋愛も、結婚も、自分には必要ないのかもしれないーー。そんなふうに考え始めた矢先、未練の元カノ・美和子と不意の再会…!後日2人きりで会うことになり、向井くんワンチャンなるか…!?

胸に込み上げる懐かしさは、「今」に繋がっているのだろうかーー?

向井くんのハッピー(?)ターンな第4巻!!

\1話まるごと読めます!/

「FEEL YOUNG / on BLUE スペシャル記事」をメールで読みませんか?

無料で「FEEL YOUNG / on BLUE スペシャル記事」をメールでお届けします。
コンテンツを見逃さず、購読者限定記事も受け取れます。
《フィーヤン30周年記念》安野モヨコ×新旧担当スペシャル座談会!④
誰でも
《フィーヤン30周年記念》安野モヨコ×新旧担当スペシャル座談会!③
誰でも
《フィーヤン30周年記念》安野モヨコ×新旧担当スペシャル座談会!②
誰でも
《フィーヤン30周年記念》安野モヨコ×新旧担当スペシャル座談会!①
誰でも
特別《向井》対談!ねむようこ×パンサー向井慧④向井さんが『向井くん』だ...
誰でも
特別《向井》対談!ねむようこ×パンサー向井慧③快調な仕事を投げ打ってま...
誰でも
特別《向井》対談!ねむようこ×パンサー向井慧②「1面のボス」として生き...
誰でも
えすとえむ「新装版 このたびは」発売記念インタビュー
誰でも